Books Should Be Free
Loyal Books
Free Public Domain Audiobooks & eBook Downloads
Search by: Title, Author or Keyword

Author Collection


By: Sōseki Natsume (1867-1916)

Botchan by Sōseki Natsume Botchan

Botchan is the story of a young math teacher from Tokyo whose first assignment takes him to a middle school in the country side. His arrival there is not very lucky: The pupils are bound to test his perseverance and cheerily comments every one of his perceived missteps. In the teacher's room, he soon finds himself in the middle of an intrigue between the jovial "Porcupine" and the fat "Hubbard Squash" on one side, and the effeminate "Red Shirt" and his follower "Clown" on the other. Will Botchan choose the right side in the end? Botchan - with morality as the main theme - is one of the most popular novels in Japan...

By: Soseki Natsume (1867-1916)

永日小品 (Eijitsu Syohin) by Soseki Natsume (Japanese) 永日小品 (Eijitsu Syohin)

This is a collection of essays by Soseki Natsume. They were published in the Asahi Newspaper in 1909. Included are essays about daily life in Tokyo and his experiences in London. これは、夏目漱石の随筆集です。1909年に朝日新聞に連載されました。東京での日常生活、ロンドンでの経験などが含まれています。

By: Sōseki Natsume (1867-1916)

Book cover (Japanese) 坊っちゃん (Botchan)

物理学校を卒業した坊ちゃんは、松山の中学へ、数学の教師として赴任する。さっそく、同僚にあだ名をつけた、校長は、狸。教頭は、赤シャツ。数学の主任は、山嵐。赤シャツの子分の画学の教師は、野だ。赤シャツに許嫁を奪われかかっている英語の教師は、うらなり。うらなり先生は、九州の延岡へ転勤させられ、それに抗議した、山嵐は、辞表をかかせられてし...

Book cover (Japanese) 野分 (Nowaki)

「野分」は、明治末、路面電車と人力車が走っていた東京が舞台です。3人の作家を巡る物語です。白井道也は、地方の中学を3つやめてから、文筆で、世を覚醒することを志します。高柳周作と中野輝一は、大学を卒業したばかりの同級生です。高柳君は、貧しく、中野君は裕福です。白井道也が、中野君を取材したことから、3人に接点が出来ます。高柳君は、だんだんと白井道也の考えに傾倒していきます。 The scene is Tokyo around 1900, where tramways and 'cars pulled by men' were running. This a story about 3 writers.

Book cover (Japanese) 草枕 (Kusamakura)

漱石の熊本時代の体験を元にした小説。主人公の画家は峠を歩いて越えて、山中のひなびた温泉、那古井を訪ねる。そこには温泉宿がひとつあり、客は主人公だけであった。非人情の旅である。宿のお嬢さん、那美さんに色々と驚かされる。最後は那美さんらと共に、川舟に乗って、那美さんのいとこの久一さんの出征の見送りに、駅まで行く。そして、探し求めた画になる那美さんの表情を見つける。 A painter walks to a hot spring in mountains. He meets an attractive lady there.

Book cover (Japanese) こころ (Kokoro)

語り手は、鎌倉の海岸で、先生と知り合いになる。東京に戻ってからも度々、先生の家を訪ねた。先生は、苦悩持っていた。先生の友人Kが、先生が若い頃に自殺をした。先生は、毎月、その友人の墓を訪ねていた。  語り手が、大学を卒業し、父の病の為に帰省したままで、東京に戻れない時、先生からの遺書を受け取った。その中で、先生はKが自殺した上京、そして自分の苦悩を語り手に伝えた。 The storyteller initially met Sensei at a bathing beach in Kamakura and later often visited Sensei in Tokyo...

Book cover (Japanese) 明暗 (Meian)

 これは、夏目漱石の最後の小説です。彼はこの小説を連載中に亡くなりました。津田と彼の妻のお延は、数ヶ月前に結婚しました。津田は、消化器系の病気で入院しました。 彼はしばしば、昔の恋人である清子のことを考えます。 This is Soseki's last novel. He died while he was writing this novel. Tsuda and his wife Onobu married several months ago. Tsuda had a poor digestion and entered into a hospital. He often thinks about his ex-lover Kiyoko.


Popular Genres
More Genres
Languages
Paid Books